ガラス交換で断熱しながら結露防止

ガラス交換で結露防止と断熱

結露を改善し、断熱効果を高めるなら窓ガラス交換

3枚のガラス

窓は室温と外の気温の中間地点であるため、温度差により結露などが発生しやすいです。結露対策ができるガラスもあるので、結露に悩んでいる人や断熱をしっかり行ないたいという場合は、ガラス交換を検討しましょう。

結露対策できる断熱性のガラス

近年の住宅は熱が外に逃げたり入ってきたりしないように、高気密・高断熱機能を持たせたガラスがよく使われています。「結露」は湿度が高く暖かい室内の空気が窓ガラス越しに外気に冷やされて起こります。室内の湿気が冷やされると、窓に水滴として付着します。結露はカビの原因になるため、窓ガラスの縁のゴム部分に発生したカビ胞子が漂い、室内全体に広がってアレルギー反応を引き起こす恐れがあります。ガラス交換で結露に強い「複層ガラス」、若しくは「Low-E複層ガラス」、「真空ガラス」といった種類のガラスを選べば、寒冷地域でも結露を防げます。

ガラス交換に対応している業者を選定しよう

断熱性のあるガラスに変えることで、外部と内部の温度差を抑え、結露を防げます。そのためにガラス交換を考えている人は、信頼できる業者を見つけましょう。

優良な業者さんを見つける

住んでいる地域で探す
窓ガラスが割れることは、日常生活の中であまりないでしょう。そのためガラス交換が必要になった際は、どの業者に依頼すればいいか迷うかと思います。まず一番に考えるのが、自宅に近い業者です。地域に密着したところであれば、依頼して直ぐに作業に取り掛かってもらえるでしょう。
いつでも対応している
窓ガラスはその特性上、割れやすいため衝撃や劣化があると割れてしまいます。割れるタイミングも様々なため、いつガラス交換が必要になるか分かりません。結露対策でガラス交換を行なう際も、できるだけ短期間でスムーズに完了させたいものです。業者によっては24時間年中無休で土日祝祭日も営業しているところがあります。そういったところを選べば、適切なタイミングでガラス交換ができるでしょう。
作業員

ガラス交換に対応している御者を選ぶ際は、それぞれの業者にどのようなメリットがあるか見ることが大事です。高機能な製品を揃えているところなのか、対応が早く丁寧なところなのかといった感じです。できるだけ要望を叶えてくれる業者を選べば、スムーズにガラス交換ができますし、結露対策や断熱性アップも図れるでしょう。

なぜ結露はできてしまうか?

先程も少し述べましたが、結露は室温と外気温の差で室内の湿気が冷やされて起こります。冷やされた湿気は窓ガラスに水滴となって付着し、衛生環境を悪くしてしまうため対策が必要です。地域によっても湿度が高く季節に関係なく結露が起こりやすいことがあるので、注意しましょう。

結露によって起こる症状

  • ・ 壁やカーテンに染み込むことで、カビを発生させやすくする。
  • ・ 湿気を好むダニが繁殖し、アトピーや喘息などのアレルギー症状を引き起こす。
  • ・ 柱や土台などの木材部分を腐食させ、シロアリなどの被害を招く。

結露してしまう原因とは

通常使われている窓ガラスは、断熱効果のないものもあります。この場合、窓ガラスを境に外部と内部で熱の移動が大きくなるため室内の湿気も冷やされやすくなり、結露が発生しやすくなります。外部と内部の熱の出入りを抑えることで、結露を予防することができるのです。

TOPボタン