効果的なガラス交換で断熱と結露対策

ガラス交換で結露防止と断熱

断熱性の高い窓ガラスには種類がある

ガラス

窓ガラスの材質と種類を知ることで効果的に断熱と結露対策ができるでしょう。窓枠のカビ対策で悩んでいる人も適切なガラスに変えれば、結露やカビ予防が図れます。窓ガラスに最適なものをいくつか見ていきましょう。

断熱性窓ガラスの種類と特徴

複層ガラス
スペーサーと呼ばれる部材で2~3枚の板ガラスの間に中空層を持たせたものです。乾燥した空気層を挟み込むことで断熱性を高め、結露しにくいつくりになっています。冷暖房の消費電力を抑えることもできるため、省エネ効果もあるのが特徴です。
高断熱複層ガラス
ガラスの間に乾燥した空気層を封入し、室内側に高断熱タイプの「Low-Eガラス」を使用したものです。Low-Eガラスは、特殊な金属膜を表面にコーティングしたものになります。低放射複層ガラスと呼ばれるタイプです。暖房エネルギーを逃がしにくいため、寒さが厳しいエリアに向いています。
遮熱複層ガラス
高断熱複層ガラスでは、Low-Eガラスを室内側に使用しましたが、遮熱複層ガラスの場合は、室外側に取り付けます。遮熱低放射複層ガラスと言われるものです。夏場の日射を遮るとともに、冬場の室内の暖房熱を反射し逃さないため、冷暖房の負荷を効果的に抑えます。夏涼しく冬暖かいという一挙両得なガラスです。西日の当たる部屋にも向いています。

窓ガラス交換をするときに掛かる料金っていくら?

今まで窓ガラスが割れたことはないという人もいるでしょう。しかし、衝撃や劣化でいつかは割れてしまうかも知れません。また、住宅などの機能性を高めたいという場合は、積極的に高機能なものへガラス交換した方が良いと思います。実際に掛かる費用の相場を知ると安心してガラス交換ができるでしょう。

窓ガラス交換を行う際にかかる料金相場って?

一般家庭の断熱性窓ガラスの交換費用は、およそ5万~20万円が相場です。サッシごとガラス交換を行う場合は、およそ50万円以内と高くなります。サッシごと変えるとその分断熱効果や防犯性なども高めることができるのでおすすめです。

正確な金額が知りたい場合は


窓ガラス交換をしたときの正確な料金を知りたいので、見積もりってお願いできますか?
業者の中には、「明朗会計」を行なっているところがあります。しっかり現地調査を行ない適正価格で見積もりを出してくれるため、その後追加料金が発生することはありません。見積もり金額に納得した上で施工がはじまるので安心です。
TOPボタン